つれづれなるままに

教育や家族に関することを中心に書いていきます。

バスの1番前の席🚌

コロナ感染防止のためにバスの最前列の席は座れなくなっている。

 

当面の間、バス進行方向最前列座席の使用中止させていただいております。
当面の間、バス車内前側床面に黄色いラインを引かせていただき、できるだけそのラインより前にお立ちにならないようにお願いしております。

と書いてあるが、実質禁止だ。

 

運転手のためであるのだろう。

でも、後方が混み合っている。こんなに後方が混み合っていて、最前列の2席は空いている。そして黄色いラインよりも前は空いている。なんか矛盾を感じる私がおかしいのかな🤔。

 

運転手さんへの感謝の気持ちはある。しかし、最前列の2席をいまだに使用中止にしているのには他にわけがあると、うがって考えてしまう😅。

 

ネットで、バスの最前列の席に好んで座る人に対して、バスの運転手さん「アホ席」とか「オタ席」とか「バカ席」と言っていると、以前、読んだことがある。

 

私も好んで座っていたわ。その理由は、席を譲らなくても良いと思うから。だって他の席よりも高いでしょ。譲ると危険だし、「譲れ」と思われないので、安心して座れたのよ。他の席だと、どうしてもお年寄りや体の不自由な人が乗っていると譲らざるを得ないから😅。

 

この考えっておかしいかしら🤔。

 

譲るべきときは譲るけれど、譲る可能性の低い席に座ろうとするのはごく自然なことだと私は思う。

 

でも、あの2席に座る人のことを、運転手さんは嫌っていたのよね。だから、コロナ禍で「これ幸い」と思って、ずっと使用禁止にするように私は思う😌。

 

路線バスでは、運転手と最前列の席の高さが同じである上に運転席から近いから、視線を感じて嫌がっている運転士は多いとの聞いたことがある。

だから、今、バスに引かれている黄色い線より前も、運転手さんの運転の様子が見えるから、そこに立つのを禁止しているのが本音のように感じるわ😎。

 

だって運転席は透明シートで覆われている。だから飛沫感染は防げているわよね。

 

乗客は黄色い線の後ろで混み合っている。乗客の三密は黙認ということかしら🤔。

 

まぁ、このバスの三密状態は、運転手さんが悪いわけではなく、時差通勤や時差通学をしない会社や学校、日本の社会システムがよくないだけだろうけれど。

 

私の結論は、バスの最前列の席の利用をいまだに使用禁止にしているのは、「コロナ感染」は建前で、「運転手さんの感情」が本音だということよ😁。

 

これが事実だとすると、バスの運転手さんは本当にあの座高の高い最前列の席を嫌っていたということよね😱。私は、最前列の席の利用が可能になっても、あの席には座らないようにしよう。運転手さんにイライラされながら運転されたら、命の危険に晒されるわ😱。

 

現役の運転手さんから「それはうがち過ぎ❗️。この処置はコロナ感染防止のためです。」と言われそう🙇

 

でも、良いじゃない😁。

コロナ感染防止が目的であっても、コロナ感染防止に便乗したと言われても、どちらにしても、私はその席に座らないと言っているのだから。

 

こういう人もいるかもよ☝️😅

 

「最前列の席に座ったり、その横の通路に立ったりすることを禁止にするのは、コロナ感染防止ではなく、運転手の都合だろう。だってビニールシートで覆えばそれで感染が防止されているだろう。それに、乗客を後ろに詰め込んで、この部分が空いているのは、乗客を人として扱っていないということだ。ここを空けることによってどの程度感染防止になっているのか、具体的数値を出せ。でなければこんな黄色い線を消して、座席をくくっているビニール紐を解け❗️」

とクレームを入れるモンスタークレーマーもいるかもよ😎。そんなクレームをつけず、素直にバス会社の指示に従うなんて、ホント日本人って律儀で従順よぬ。私も含めて😁。

 

そう☝️😄。

エッセンシャルワーカーに対する感謝と尊敬の気持ちがない人が、あのようなクレームを入れるのよ。日々嫌な思いもしながら、エッセンシャルワーカーとしての仕事をこなしている。頭の下がる思いだわ。

 

だから、あのようなクレームが頭に思い浮かんでも、それを打ち消すのが感謝の気持ちと理性なのよね😄。

 

あんなクレームを思い付く私はどう考えてもゲスよね~😌