つれづれなるままに

教育や家族に関することを中心に書いていきます。

顔出しOKorNG🤔

小説やマンガが実写化されると、がっかりすることがよくある。具体的に例を挙げるのはよしておくわ。小説を読んで、文字から顔や声を想像する。その想像していたのと実写がしっくりこないのよね。 こんなことは、SNSでもよくあることだわ。顔出ししたら、想…

ブロガーなんか信用するな😎

という題名を見て、ブロガーさんたちはどう感じたかしら。 「お前もブロガーだろう❗️」 「ムカつく~」 「何を当たり前のこと…。」 「ふ~ん。」 まあ、様々よね。 それに「ブロガーを信用するな」というなら、「人を信用するな」だよね。 書店でお客が手に取るように、…

サービスの上限🤔。免責事項と「~し放題」

私が利用できるバスは2系統ある。徒歩1分の場所にあるバス停と、徒歩12分の場所にあるバス停だ。前者のバスはけっこう離れた場所が始発なので、私が利用するバス停に着く時刻が不安定だ。後者のバスは、私が乗る場所が始発の停留所なので、ほぼ定刻通り…

異動と複雑な気持ち😔

1年半教室責任者(他の塾でいうと塾長)を務めてきた教室から他の教室へ異動となった。3月から新年度を新たな教室で新年度を迎えることになる。 最弱小塾の責任者だが、昨年の春から教室独自に取り組んできたことを花開かせようとしてきただけに残念である。…

テレビに出ることになりました😅

10分程度が私の持ち時間なんだけど。やる人がいないから白羽の矢が立ったのかなぁ。 私は、こう見えて?すぐに緊張しちゃうのよ。模擬授業なんて、ダメダメね~。大人の前で話すのが苦手なの。 昔は保護者会で話すのも避けたいた。200名以上生徒を抱え…

音楽とプロパガンダ🎼🎹🎷

昨日の弟分との定例会での話。場所は、また、鳥貴族であった。今後、この定例会は「鳥貴会」となるかもしれない。 昨日のブログにも書いたが、その後、SMSで、音楽とプロパガンダについてのやり取りとなった。 ~弟分からのメール~ 「音楽がプロパガンダに使わ…

タクシー料金値上げ

2月11日、建国記念の日。祭日だということを忘れて、夜遅くまで仕事をしてしまった。祭日だと、終バスが早いのだ(それでも、23時過ぎまでバスはあるが)。祭日だと分かっていれば早く帰ったのだから、会社にタクシー代を請求するのは憚れるので、自腹…

ブログバカ😎

ブログバカというよりは、文章バカ。いくらでも出るわ出る、言葉が出るわ。内容の良し悪しを考えなければ、いくらでも書けるのよ。今、書いている内容だって、月1の弟分との飲み会の後に、酔っぱらって書いているのよ。 また、鳥貴よ鳥貴。弟分がはまってし…

あぁ、マッキーお前もか

あぁ、マッキーお前もか。前科があるにも関わらず、また麻薬に手を出していたのか。 でも、まだ逮捕されただけなんだよなぁ。容疑者なんだよ。罪を犯した疑いがあるだけなんだよ。容疑者を袋叩きにするということは、袋叩きにするだけの犯罪が確定したという…

夢の話③

苦手な友人の夢を見た。 僕が家族と公園で遊んでいると、彼も家族とその公園で遊んでいた。チューが妻と綿菓子を買いに行って私がはぐれてしまい、公園の中の休憩所を探しまくるとか、その休憩所の中で足を痛めた母と出会うとか、よく分からないが夢だった。…

「いじめ」から子どもを守るには🤔

特別支援学級の軽知的障害のある5年生が通常学級の複数児童からいじめられて不登校となり、転校した。2年生の頃からいじめられていた。学校はいじめと認めなかったが、父親の訴えを受けた市教委の指導後、事実関係を認めて謝罪した。 男児は特定の教科を通…

「違和感を感じる」という表現に違和感を持つ。最もベストな説明は❓😁

「違和感を感じる」 先日、プレバトで俳句の先生である夏井さんが言っていた。さっきもグルコサミンでも「膝に違和感を感じる方に」と言っていた。 何だろう❓ 「『違和感を感じる』という表現に違和感を持つ」私。 確かに二重表現に聞こえる。 「最もベスト…

気持ちが伴った行動をしよう😔

朝、7時10分 チューがパパを起こしに来た。 「ママに(学校に送るように)頼まれたの?」と聞くと、微妙な返事。「ううん。」と言ってドアを閉じた。何か気になり2階に上がった。「ママが学校に送るの?」と私が聞くと「ウン」とママが言ったように思って…

駅でのトラブル防止策

毎週月曜日に、小6のチューと私が勤務している塾の教室へバスと電車を乗り継いでいく。塾からの帰りの電車が、今日はとても混んでいた。電車の乗り方を教えた。前からも言っているものもあるが。駅での心構えも含めて、5つ紹介するわ ①ホームで先頭に並ん…

お客は友達でも葦でもないぞ😑

もう20年近く前のこと。 タクシーに乗ったら、延々と運ちゃんが私に愚痴を言う。嫌な同僚、会社の待遇、挙げ句の果てには、家族の愚痴。 私は、その話をとめて逆恨みされるのも嫌なので、適当に相槌を打っていた。 そのとき、私はふと思い付いたことがあっ…